脱毛前に気をつけること

脱毛サロンでお手入れを受けるなら、日焼けに注意しましょう。日焼けをしていると脱毛を断られることがあります。
脱毛サロンで行っている光脱毛は、メラニンに反応する波長の光を使っています。毛のメラニンに反応させて光を吸収させ、熱のダメージで処理をしています。日焼けをしていると肌のメラニンにも反応してしまい、脱毛効果が減少したりやけどの恐れがあります。そのため、脱毛を断られてしまうのです。

 

脱毛サロンでお手入れを受ける2週間前くらいからとくに気をつけましょう。夏場は注意が必要です。日焼け止めを塗っていても、汗をたくさんかいて取れてしまいます。こまめに日焼け止めを塗り直して紫外線を防ぎましょう。脱毛前はプールや海水浴など紫外線を長時間浴びることは控えます。

 

肌が乾燥していると紫外線の影響を受けやすくなって日に焼けます。保湿対策もしっかり行いましょう。お風呂上りは急速に肌が乾燥するので、5分以内に保湿をします。たっぷりと保湿クリームを塗りましょう。

ムダ毛を適切に除去するには

ムダ毛の悩みを抱える方はとても多いことと思います。
自分で除去を行う方も少なくはありませんが、単純に抜いてしまったり剃ってしまったりでは肌を傷つけてしまうことも多くなってしまうので、難しさが伴います。
また適切な方法で行っていかないとムダ毛をより濃いものとしてしまうことも珍しくはないので、しっかりと考えて行う必要があります。

ムダ毛の除去では肌に合わせた方法をとることが大切です。
たくさんの脱毛器や除毛機が販売されるようになっていますが、肌に合わせて出力を調節することは簡単ではありません。
そのような際には脱毛サロンにて相談を行ってみるのも一つの方法となります。

サロンでは肌の質に合わせた適切な施術が期待できるだけでなく、自分で処理を行っていく際のアドバイスを聞くこともできます。
適切な方法を案内してもらうことで、毎日のケアも充実のものとすることができるので、ムダ毛に悩まされている方は一度相談に訪れてみるのも良いと思います。

 


Warning: file(http://www.amieproject.com/l-cntrol/d003/link/39): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/sark215/public_html/www.enrap.org/index.html on line 88

医療機関で行う脱毛

脱毛方法には、主にレーザー脱毛とフラッシュ脱毛があります。脱毛サロンなどではフラッシュ脱毛を採用しているところが多いです。ですが、永久脱毛ができるのはレーザー脱毛なのです。しかしレーザー脱毛は、永久脱毛ができるぐらいパワーが強く、扱いが難しいです。ですから医療従事者と呼ばれる、医師もしくは看護師のみが取扱いを許可されているので、レーザー脱毛をするのであれば、医療機関で行う必要があります。

 

レーザー脱毛は、レーザーがムダ毛の黒や茶の色素に反応し、毛の再生組織にダメージを与えて、ムダ毛を生えてこなくさせます。この方法ですと、肌の中の毛根部分を焼くので、皮膚の表面を傷める可能性が少ないです。ですから肌への負担が少なく、炎症やかぶれを起こしにくいというメリットがあります。一度に照射できる面積が狭いのがデメリットと言われていますが、最近はマシーンの性能がかなりアップして、照射面積もワイドになってきています。大体直径1〜1.5pを一度に照射することができます。両わきならば5分程度で済みます。

更新履歴